FC2ブログ

8月度蔵元会





8月度蔵元会は、幻舞の会です。
お問い合わせ、お申し込みは店内にて。


8920053.jpg




流輝の会

※満席のご予約をいただきました。
ありがとうございます。





時代に逆行し、すべての工程を手作業で、家族ぐるみで造られる群馬県藤岡市の流輝(るか)。
いまだに生産効率が良くない、舟搾りという方法で、丁寧に造られています。


72387752.jpg





7月度の粋酔蔵元会は、松屋酒造から後継者の松原広幸さんをお招きし、流輝をはじめとする12種の酒をお楽しみいただきます。
真面目で礼儀正しい松原さん(まっちゃん)が、自分の子供につけたかった名前の流輝は、生産量が少ないためにほとんど無名ですが、飲めば目からウロコの美味しさです。


72387749.jpg




7月23日(水)19:30スタート。
真夏の一夜を、群馬県の食材で組み立てたコース料理と、美味しい流輝でお過ごしください。
お申込み、お問い合わせをお待ちしています。




陸奥八仙の会





6月27日金曜日。
本日は陸奥八仙の会のため、貸切り営業となります。


resize20032.jpg


hassen5009247.jpg


h20033.jpg


h20034.jpg




続きを読む

豊島屋酒造の会





5月22日木曜日。
本日は東村山市で金婚正宗、屋守、十右衛門を醸す豊島屋酒造様にお越しいただき、蔵元会を開催するため、ご予約の方のみの貸切り営業となります。

oku59338.jpg


oku09788.jpg


oku09784.jpg


oku06199.jpg


8種の屋守と、4種の十右衛門を、10種の酒肴コース料理と共にお楽しみください。
なお6月27日は陸奥八仙の会(残席2あります)、7月23日は流輝の会です。
流輝の会は、今月末より店内とFacebookにて募集開始いたします。





粋酔一周年サンキュー祭お知らせ その2






粋酔一周年サンキュー祭のご予約ありがとうございます。
いつも白紙状態の予約ノートが、4月29日、30日、5月1日だけ黒くなってきました。
いくつかお問い合わせやご質問がありましたので、補足説明させていただきます。


●サンキュー祭の三日間は、通常メニューとは異なり、約30種の酒と、約15種の酒肴のみのご提供となります。
全品390円(税込)です。
お酒も酒肴も充分にご用意する予定ですが、飛露喜、而今、獺祭は、お一人様一杯とさせていただきます。

●この三日間は、全席禁煙、お支払いは現金のみとさせていただきます。

●混雑状況によって、2時間30分制とさせていただく場合がございます。

●三日間とも19時にご予約が集中しておりますので、21時以降は席に余裕が出ると思われます。

●5月2日から6日までのゴールデンウィーク期間にも、サービス価格のお酒をご用意いたします。


1793765.jpg


お待ちしております。



粋酔一周年サンキュー祭




好きな日本酒に関わる仕事がしたいという想いと勢いだけで、飲食業未経験の私が、2013年4月30日に「粋酔」をオープンして、無我夢中、五里霧中、一進一退、紆余曲折、試行錯誤のうちに、そろそろ一年が経とうとしています。


1shunen19609.jpg


1shunen42919722.jpg





まだお客様よりスタッフの人数が多い日もあり、モテ期は来ていませんが、繰り返しご来店いただく方も増えてまいりました。
これもお客様、蔵元様、酒販店様、業者様、同業者様、スタッフのおかげと感謝いたします。


1shunen611203.jpg




つきましては、4月29日、4月30日、5月1日の三日間、
17時30分から24時まで、
「粋酔一周年サンキュー祭」を開催します。







続きを読む

5月度蔵元会は東京の地酒





今から400年以上前、江戸城の大改修が始まり、全国から資材が船で江戸に運び込まれた頃、陸揚げされる日本橋周辺には多くの人足や武士が集まりました。
人が集まる所には商売あり。
慶長元年(1596年)に神田の鎌倉河岸で居酒屋を始めた豊島屋は、やがて白酒を売り出して大繁盛します。
時は移り昭和12年(1937年)に、豊島屋は東村山市にあった酒蔵を買い取って豊島屋酒造を設立し、金婚正宗を売り出します。
金婚正宗は明治神宮、神田明神、山王日枝神社の御神酒として採用されていますが、全国的な知名度は低く、業績は伸び悩んでいました。
そして10年前に、豊島屋を守る酒として発売されたのが屋守(おくのかみ)です。


ya759338.jpg


ya759337.jpg


ya759341.jpg





屋守(おくのかみ)は今や大人気酒に成長し、「やもり」とも読めることから、「ヤモラー」と呼ばれる屋守ファンが増えています。


ya759339.jpg




続きを読む

泉橋酒造の会





izumi0011.jpg


(3月20日開催 泉橋酒造の会リーフより)
日本では古代からとんぼを秋津と呼んで親しんできました。
とんぼは卵で越冬し、幼生期(やご)は水中で害虫を食べ、成虫になると陸上(空中)で害虫を捕食することから、水田の環境と合致し、稲穂の上を飛ぶ赤とんぼは、日本書紀の時代から豊穣のシンボルでした。
泉橋酒造は、健康的な酒米栽培の象徴である赤とんぼを、シンボルマークにしています。

神奈川県のほぼ中央に位置する海老名市は、東京から50km、横浜から20kmのベッドタウンで、有数の規模を誇る東名・海老名サービスエリアが有名ですが、市内には多くの田園地帯があり、伝統的な農業と都市が共存する市でもあります。
海老名耕地は大化の改新(645年)以前に開拓されていた、古代からの穀倉地帯で、潤沢な米と丹沢山系の伏流水に恵まれ、泉橋酒造は安政4年(1857年)に創業しました。

泉橋酒造は、「酒造りは米作りから」の信念のもと、全国でも珍しい「栽培醸造蔵」として、海老名市や近隣の座間市、相模原市などで酒米を栽培し、精米、醸造までを一貫して行っています。
また泉橋酒造は、米と米麹を原料とする純米酒のみを造る、全量純米蔵でもあります。
本日は泉橋酒造より、六代目当主である橋場友一社長にお越しいただきました。
「農」と「醸」に関わる話を聞きながら、赤とんぼの純米酒をお楽しみください。






1月6日に正月休みを取り、神奈川県海老名市にある泉橋酒造を訪れた。
橋場社長にお会いし、3月20日に「泉橋酒造の会」を開催することを決めてから二ヶ月余り。
出品する酒や当日の段取りを酒販店さんと打ち合わせ、蔵から送っていただいた麹や味噌で、開催10日前ほどから酒肴の仕込みに入る。
そして開催当日は、早朝から食材の仕入れに行き、午後からは到着した酒を冷蔵庫に収め、清掃してテーブルセッティングする。


izumi4478.jpg


izumi4479.jpg


izumi4480.jpg


izumi4481.jpg







続きを読む

英君酒造の会






北東に霊峰富士を望み、南に豊饒の駿河湾がある静岡県由比。
海岸からミカン畑を抜けて5分ほど坂を上がった山間に、白壁の英君酒造があります。


ei19664.jpg


ei19665.jpg




静岡の米と水と人で造られた英君は、同じ静岡の磯自慢や開運に比べると無名ですが、食事に合うとても美味しい酒です。
4月度蔵元会は、英君酒造より望月社長にお越しいただくことになりました。


eikun19655.jpg



可能な限り静岡の食材を取り寄せて、英君に合う酒肴コース料理をご用意します。





続きを読む

ソガペールエフィス・テイスティング会



すでに入荷済みの9号酵母ヌフに続き、小布施ワイナリーのソガペールエフィス1号から5号まで揃いました。
1号から5号まではクラシック酵母と呼ばれ、明治大正期に使用され、現在は頒布されていません。


obuse594702.jpg


obuse594704.jpg


obuse586907.jpg




小布施ワイナリーが厳寒期に極少量だけ、長野県産の美山錦と小布施の水で造る、純米吟醸の生酒です。




続きを読む

プロフィール

suisui

Author:suisui
純米酒とワインと季節料理「粋酔」
練馬区石神井町7-1-2 市井ビル2階
03-3997-7703

西武池袋線「石神井公園」西口から徒歩2分
富士街道沿い、りそな銀行向かい側
「一軒め酒場」さんの2階

営業時間
火曜~土曜17:30-24:00
日曜   17:00-23:00

定休日:毎週月曜日&第3火曜日
店内分煙

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
飲んだ日本酒たち

花陽浴 鍋島 屋守 いづみ橋 天青 白岳仙 あづまみね 十九 昇龍蓬莱 残草蓬莱 獺祭 日置桜 篠峯 小左衛門 玉川 賀茂金秀 ロ万 飛露喜 羽根屋 諏訪泉 遊穂 刈穂 花巴 陸奥男山 奥能登の白菊 若駒 五橋 天明 陸奥八仙 月山 酒屋八兵衛 来福 英君 旭若松 紀土 秋鹿 辨天娘  蒼空 麓井 洗心 十旭日 奈良萬 雪の茅舎 寒山水 綾花 阿部勘 春霞 八海山 羽前白梅 早瀬浦 天穏 SANZEN 雨後の月 不老泉 若波 香梅 れんげの舞い(酔機嫌) ヨイキゲン 富士千歳 亀泉 睡龍 真稜 出雲富士 七田 ハクレイ 豊潤 一念不動 誠鏡 亀の海 姿 白影泉 宮の井 生酛のどぶ 川口納豆 会津中将 一喜 竹鶴 扶桑鶴 豊香 華一風  丸眞正宗 花垣  大信州 真穂人 天遊琳 澤の花 こんな夜に 十四代 正雪 長陽福娘  富久長 川中島 茜さす 佐久乃花 雪だるま あいのゆめ 翠玉 幻舞 尾瀬の雪どけ 久礼  夢心 萩の鶴 庭のうぐいす 風の森 青煌 奥播磨 墨廼江 登龍 国権 三重錦 南部関 北信流 あたごのまつ 房島屋 五十嵐 而今 くどき上手 勝山 寿喜心 宗玄 クアドロフォリオ 梅の宿 天隠 神亀 るみ子の酒 阿櫻 

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR