FC2ブログ

dancyu3月号は日本酒特集






毎年日本酒特集号を発売するので、つい買ってしまう雑誌dacyu。
通常の記事に紛れ込んで、さりげなくタイアップ広告も入っているが、雑誌は広告料で成り立っているから仕方ない。
昨日もシンプルな表紙の日本酒特集号が発売されたので、さっそくご近所のコンビニで購入した。


d19492.jpg





最初の特集記事は、2014年版「いま飲みたい35蔵」を考える
新しい日本酒の道標
モダン、トラディショナル、ローカル、フォーザフード、ネオクラシックの5ジャンルに35蔵を分類している。



モダン(名産地の米を使い、究極の味を精緻に造る。最先端の醸造技術を究める。)には十四代、而今、醸し人九平次、獺祭、鍋島、一白水成、飛露喜が入っていた。
入手困難な酒が多いが、どれも当店で定番になっている。


d19475.jpg


d19472.jpg


d19471.jpg


d19469.jpg


d19466.jpg


d19470.jpg


d19473.jpg





トラディショナル(純米、生酛、蔵つき酵母・・・・・伝統製法の使い手として、燻し銀の魅力を放つ。)には、竹鶴、玉川、睡龍、奥播磨、日置桜、天穏、花巴が分類。


d19483.jpg


d19486.jpg


d19484.jpg


d19477.jpg








ローカル(地域らしさを追求。現代の地酒を志す。NEW地酒クリエイター)には、いづみ橋、七本槍、喜久酔、秋鹿、白隠正宗、澤姫、豊盃が入った。
ここに分類された酒は、いづみ橋と秋鹿以外は、置いたことがない。


d19481.jpg





フォー・ザ・フード(酒単体ではなく、料理のシーンに生きる酒を目指す)には、日高見、貴、蒼空、伯楽星、奈良萬、五凛、日輪田が登場。


d19491.jpg


d19487.jpg


d19474.jpg


d19485.jpg





ネオクラシック(伝統的な造りも大切にしながら、型にはまらない酒造りで新しいマーケットを開拓する)には、新政、昇龍蓬莱、仙禽、三井の寿、白瀑、村祐、笑四季。


d19480.jpg


d19490.jpg


d19488.jpg



ここに登場した昇龍蓬莱は2月、いづみ橋は3月に蔵元会を開催するので、ますます楽しみなのだ。





関連記事
プロフィール

suisui

Author:suisui
純米酒とワインと季節料理「粋酔」
練馬区石神井町7-1-2 市井ビル2階
03-3997-7703

西武池袋線「石神井公園」西口から徒歩2分
富士街道沿い、りそな銀行向かい側
「一軒め酒場」さんの2階

営業時間
火曜~土曜17:30-24:00
日曜   17:00-23:00

定休日:毎週月曜日&第3火曜日
店内分煙

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
飲んだ日本酒たち

花陽浴 鍋島 屋守 いづみ橋 天青 白岳仙 あづまみね 十九 昇龍蓬莱 残草蓬莱 獺祭 日置桜 篠峯 小左衛門 玉川 賀茂金秀 ロ万 飛露喜 羽根屋 諏訪泉 遊穂 刈穂 花巴 陸奥男山 奥能登の白菊 若駒 五橋 天明 陸奥八仙 月山 酒屋八兵衛 来福 英君 旭若松 紀土 秋鹿 辨天娘  蒼空 麓井 洗心 十旭日 奈良萬 雪の茅舎 寒山水 綾花 阿部勘 春霞 八海山 羽前白梅 早瀬浦 天穏 SANZEN 雨後の月 不老泉 若波 香梅 れんげの舞い(酔機嫌) ヨイキゲン 富士千歳 亀泉 睡龍 真稜 出雲富士 七田 ハクレイ 豊潤 一念不動 誠鏡 亀の海 姿 白影泉 宮の井 生酛のどぶ 川口納豆 会津中将 一喜 竹鶴 扶桑鶴 豊香 華一風  丸眞正宗 花垣  大信州 真穂人 天遊琳 澤の花 こんな夜に 十四代 正雪 長陽福娘  富久長 川中島 茜さす 佐久乃花 雪だるま あいのゆめ 翠玉 幻舞 尾瀬の雪どけ 久礼  夢心 萩の鶴 庭のうぐいす 風の森 青煌 奥播磨 墨廼江 登龍 国権 三重錦 南部関 北信流 あたごのまつ 房島屋 五十嵐 而今 くどき上手 勝山 寿喜心 宗玄 クアドロフォリオ 梅の宿 天隠 神亀 るみ子の酒 阿櫻 

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR