FC2ブログ

定休日変更のお知らせ






ぴあ「練馬食本」という、エリア情報誌の取材が入りました。
2月21日(金)発売予定で、当店はナイトジャンルに日本酒バーとして掲載されるようです。
ぴあ発売を機に、2月24日から毎週月曜日を定休日に変更いたします。


2月中旬から、京橋の某和食店で修業したスタッフが加わりますので、土曜日も昼酒からの通し営業することにしました。
2月22日(土)は、13時から「昇龍蓬莱の会」です。
全席ご予約のみとなり、1月27日現在で残席4となりました。
参加ご希望の方は、お問い合わせください。
実質的に3月1日から、土曜昼酒営業開始となります。
もちろん今まで通りに、日曜日も13時からの通し営業します。
2月下旬からは魚介の酒肴を増強していきますので、ご来店お待ちしています。
平日火曜日から金曜日までは、17時半から24時までの営業です。





2013年6月 吾妻嶺酒造の会
2013年7月 天青の会
2013年8月 若駒の会
2013年9月 鶴乃江酒造の会
2013年10月 店主生誕南瓜祭
2013年11月 獺祭の会
2013年12月 粋酔クリスマス会
2014年1月 新酒で新年会

と続けてきたイベントは、今年もいろいろ企画しています。
2014年2月22日 昇龍蓬莱の会
2014年3月20日 泉橋酒造の会
2014年4月19日 英君酒造の会
2014年4月30日 一周年記念イベント



s74447.jpg


s74471.jpg


s74453.jpg


5月以降は蔵元と日程調整中です。
これからも石神井公園「粋酔」を、よろしくお願いします。




スポンサーサイト

美しき十九(尾澤酒造場)





長野県の信州新町にある尾澤酒造場は、年間生産60石と言うから、おそらく規模の小ささでは日本トップクラスだ。
1石は一升瓶100本なので、年間わずか6千本しか造っていない計算になる。
年間売り上げは1千万前後だろう。
昨年の夏に尾澤酒造場を訪れ、蔵を見学させていただいたが、蔵元ご夫妻と蔵人一人で、すべての工程をほとんど手作業でこなしていた。


s19414.jpg


s19415.jpg





県外向けの銘柄「十九」は、ラベルを奥さんがデザインし、一本ずつ手貼りしていた。
極少量生産だからこそ出来る、手間ひまかかった秀逸なラベルなのだ。
夏酒の入道雲ラベルも素敵だったが、発売されたばかりの新酒sneeuwpop雪だるまが、とても美しい。


s19411.jpg




なんと切り絵のラベルで、薄いブルーのボトルに滓がゆらゆら舞い、飲むのが惜しいほどだ。







続きを読む

正雪の神沢川酒造





静岡の日本酒と言えば、磯自慢と開運が断然有名だが、旨い酒を造る蔵はまだまだある。
由比の英君酒造を訪れた後に、車で5分ほどの距離にある神沢川酒造を訪れた。


f449265.jpg


f449256.jpg




私が初めて飲んだ静岡の日本酒は、磯自慢でも開運でもなく、この蔵が造る正雪(しょうせつ)だった。
望月社長に蔵を案内していただく。
車で由比の町を走って気がつくのは、桜海老の店と、望月姓が多いことだ。
英君酒造と神沢川酒造は親戚ではないらしいが、社長はどちらも望月さんなのだ。


f449249.jpg


f449260.jpg



続きを読む

由比の英君酒造






御殿場で富士山を眺めながら朝食。
この日は静岡の由比にある酒蔵を訪ねる予定だ。
由比といえば桜海老。
ランチは桜海老を食べたいが、事前に美味しいと聞いていた食堂が、この日は残念ながら定休日だ。
朝食後に食べログを見て、マグロの水揚げ日本一の清水港に向かうことにした。


f449228.jpg




東名高速に乗って清水インターで降り、清水魚市場に行く。


f449229.jpg


f449231.jpg




食べログ清水ランチ部門の、一位と二位がここにあるのだ。
両店を見比べると、一位の店は空いているが、二位の店には地元のサラリーマン風が並んでいる。
妻が市場で買い物をする間に、私が行列に並ぶことにした。


f449232.jpg





期待して頼んだ鮪三種定食とネギトロ丼は、はっきり言って旨くない。


f449233.jpg


f449235.jpg





食べログと行列を信用した自分に腹を立てながら、由比に戻って英君酒造に行く。


f449236.jpg


f449238.jpg


f449239.jpg


f449248.jpg





続きを読む

とんぼの泉橋酒造



神奈川県愛甲郡愛川町の大矢孝酒造を訪ねた後は、海老名の泉橋酒造に向かう。


iz19324.jpg


iz19367.jpg





蔵の裏手には、酒造好適米の山田錦を育てる田んぼが広がっている。
泉橋酒造は全量純米蔵で、栽培醸造蔵でもあるのだ。


iz19370.jpg





全量純米蔵と言うからには、純米以外の酒を造る蔵もあるということだ。
スーパーや酒ディスカウント店で売っているパック酒の表示を見ると、米以外に醸造用アルコール、調味料、糖類、アミノ酸、酸味料などと書いてあるものも堂々と売られている。
醸造用アルコールまでは許せるとしても、それ以外はイカンだろと思う。
もう一つの栽培醸造蔵だが、自社で米の栽培から行っている蔵はごく少数派なのだ。
田んぼに飛ぶ赤とんぼをラベルに描く泉橋酒造は、純米酒だけを造り、米から育てる希少な蔵なのだ。
その立役者である橋場社長とお会いする。


iz19366.jpg


iz19373.jpg


iz19368.jpg


iz19371.jpg


iz19369.jpg



続きを読む

大矢孝酒造





私が日本酒を飲み始めた30年以上前は、もちろんパソコンなど持っていないし、インターネットなど存在しなかったから、情報は雑誌やクチコミに頼るしかなかった。
酒屋に行っても、売っているのは伏見や灘の大手メーカーの日本酒ばかりで、まったく美味しいとは思えなかった。
今は日本酒の黄金時代だと思う。
日本酒を飲む人口が減り、蔵の数は激減したが、日本全国に美味しい酒を造る蔵が点在している。
正月昼酒営業を終えた翌日、東名高速の厚木から圏央道に乗り換え、神奈川県愛甲郡愛川町にある大矢孝酒造を訪れた。
樹齢400年の樹が築200年以上の母屋を守る、歴史ある蔵だ。


oh19323.jpg


oh07996.jpg


oh07994.jpg






この蔵が造る昇龍蓬莱(しょうりゅうほうらい)を初めて飲んだのは、三年ほど前に神田新八に行った時だと思う。
その後うどん長谷川で開催された昇龍蓬莱の会に参加し、大矢社長とFB友だちになり、地元流通酒の残草蓬莱(ざるそうほうらい)など多くの種類を飲み、ますます思い入れが強くなる。
冷やでも燗でも旨い酒だし、ラベルデザインも気に入っているのだ。


oh19344.jpg





続きを読む

正月だもの





2014年1月1日は妻の実家に行って、親戚一同と昼酒のちコタツで昼寝。


001335.jpg





夕方になってむっくり起き上がり、元旦から営業している池袋西武で食材の仕入れ。
妻はそのまま西武の初売りに参戦すると言うので、手に食い込むほどの荷物を持って、石神井公園に戻る。


001333.jpg





1月2日は翌日からの正月営業に備えて、買い物やら仕込みやら。


001331.jpg


001332.jpg




仕込みの途中で、居酒屋たけしに行って晩ご飯。


001334.jpg



続きを読む

あけましておめでとうございます







謹賀新年2014




00c4389252.jpg


00c4389254.jpg


00c4389259.jpg





本年も石神井公園「粋酔」をよろしくお願い申し上げます。




続きを読む

プロフィール

suisui

Author:suisui
純米酒とワインと季節料理「粋酔」
練馬区石神井町7-1-2 市井ビル2階
03-3997-7703

西武池袋線「石神井公園」西口から徒歩2分
富士街道沿い、りそな銀行向かい側
「一軒め酒場」さんの2階

営業時間
火曜~土曜17:30-24:00
日曜   17:00-23:00

定休日:毎週月曜日&第3火曜日
店内分煙

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
飲んだ日本酒たち

花陽浴 鍋島 屋守 いづみ橋 天青 白岳仙 あづまみね 十九 昇龍蓬莱 残草蓬莱 獺祭 日置桜 篠峯 小左衛門 玉川 賀茂金秀 ロ万 飛露喜 羽根屋 諏訪泉 遊穂 刈穂 花巴 陸奥男山 奥能登の白菊 若駒 五橋 天明 陸奥八仙 月山 酒屋八兵衛 来福 英君 旭若松 紀土 秋鹿 辨天娘  蒼空 麓井 洗心 十旭日 奈良萬 雪の茅舎 寒山水 綾花 阿部勘 春霞 八海山 羽前白梅 早瀬浦 天穏 SANZEN 雨後の月 不老泉 若波 香梅 れんげの舞い(酔機嫌) ヨイキゲン 富士千歳 亀泉 睡龍 真稜 出雲富士 七田 ハクレイ 豊潤 一念不動 誠鏡 亀の海 姿 白影泉 宮の井 生酛のどぶ 川口納豆 会津中将 一喜 竹鶴 扶桑鶴 豊香 華一風  丸眞正宗 花垣  大信州 真穂人 天遊琳 澤の花 こんな夜に 十四代 正雪 長陽福娘  富久長 川中島 茜さす 佐久乃花 雪だるま あいのゆめ 翠玉 幻舞 尾瀬の雪どけ 久礼  夢心 萩の鶴 庭のうぐいす 風の森 青煌 奥播磨 墨廼江 登龍 国権 三重錦 南部関 北信流 あたごのまつ 房島屋 五十嵐 而今 くどき上手 勝山 寿喜心 宗玄 クアドロフォリオ 梅の宿 天隠 神亀 るみ子の酒 阿櫻 

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR